ザックLeeeak

主にグルメと映画と趣味についてのブログ

イラつかせる質問してない?意図が伝わる質問の仕方は1つ!

f:id:zattkuri:20180217154632j:image

人に質問する時には、【質問力】が本当に欠かせないと思う。

 

(この記事は感情に任せて書いているので、それでも良ければ呼んでくださいw)

 

【質問力】とは、質問側がすべての条件を相手に伝えて、明確に回答できるようにする行為。

 

国語の問題でよくある、『この時の作者の感情を答えよ』というような曖昧なものとは違う、確固たる答えを得る時に使う。

 

今日はそれについてものすごく考えさせられる質問があったので、それに答えていきたい。

 

 

相手に質問側の想定を全て伝えているか?

f:id:zattkuri:20180217152940j:image

例えばレストランの話、

『お疲れ様!Aの部屋の貸切はいくら?』

と友達に聞かれたとしよう。

 

インターネットでググればその会社のホームページに記載されているが、心優しいあなたはインターネットのURLをコピーし、『ここに載ってるよ』と答えた。

50名部屋で8万だ。

 

次の質問がすぐにくる。

『食事代はいくら』

 

もうこの時点でイラッである。

またも調べたらすぐ出てくることを聞いてくる。さっき送ったページに載っているのにである。

一人あたり宴会コースで10000円と出てくる。

 

またURLを添えてここだと教え、自分で調べなさいと送ると・・・

『大体の料金が知りたい』

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

自分で調べろ!!!

f:id:zattkuri:20180217153759j:image

もうその目の前のスマホは飾りなのかと言いたくなる。

 

ご丁寧にURLを添えて、部屋の料金と食事代まで答えたのにである。

 

足し算すればいいだろうがーーーッ!!!

 

もう、本当にご立腹である。

人間楽をしようとすればここまで腑抜けになれるのだろうかと。

 

値段も料理の料金も伝えたから、計算をすればいいと伝えると

 

 

『意見が欲しかった』

 

 

why?

 

why?

 

why?

 

料金が知りたかったんじゃないの?

なんの意見?

 

『大体の料金を知りたかった』

『この人数でやるといくらかかるかって』

 

 

・・・人数?

おーけー、ちょっと待とう。

 

Aという50人入れる部屋について聞かれたので、回答した。

料理は一人あたりいくらかかるか聞かれたので回答した。

 

大体の料金と、この人数ってなんだ?

人数は初めて聞いたぞ?

どういうことだ?

 

 

『150人規模で貸切パーティーをしたいんだよ。理解した?』

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

最初っから言えバーカ!!!

f:id:zattkuri:20180217154204j:image

もう腹立ちすぎてるので申し訳ないのだけど、紛れもない真実ですはい。

 

150人という人数では、最初に聞かれたAの部屋では50人収容なので、とても無理である。

100人はどこに行くのであろうか?

さまよい歩くのだろうか?

 

そうなると150人収容できる部屋の貸切の料金を聞くべきであろうし、それなりに大人数となると、料理の値段も変わってくる。

 

であると、最適の質問は

『150人で貸切パーティーを行う予定だが、最適な部屋と料理の金額を教えて』

である。

 

最初っから前提条件をすべて提示して、その条件に当てはまる回答を1発でできる。

 

僕のいう【質問力】というのはこれです。

 

 

まとめ:最初っから全部伝えるのが大切。

 f:id:zattkuri:20180217154310j:image

ポンっと思ったことは、聞くのはいいけど相手のことを考えないといけないよって事ですね。

 

調べもしない、考えようとしない。

聞けばわかるかと安易に質問する。

 

⚪⚪はいくら?

⚪⚪の料金はいくら?

 

次から次へと数珠繋ぎのように質問してくる。

 

そもそもなんの質問かと聞けば、最初に答えた回答が全く役立たない状況・・・

 

最初っから言えやッ!!!

 

ということですね。

 

質問した方は、質問しているのに適した回答をしてくれない。

回答する方は、聞いてくるので答えたら、全然見当違いだった。

 

・・・両方不幸です。

 f:id:zattkuri:20180217160337j:image

そんな雑記でした!

 

 

ではでは!