とある28歳の体験談と趣味思考

主にレビュー・仕事・体験談のつぶやき

会社勤めとフリーランスの違いをモンハンで解説してみる

おはようございます、ザックリです。

 

タイトルのとおり、ここ最近フリーランスやブロガーなど、個人事業主について興味がわいていて、色々調べてたんですよね。

 

自分自身で時間を作り、自分自身に完全に帰ってくる業務内容で、会社員時代の給料を稼ぎみたいなやつのことです。

 

なんでそういったことを気にし始めたかというと、正社員としての給料が減ってきたからです。

 

今自分は朝9時45分から、夜10時半とか10時45分とかが当たり前で、人件費の削減の名目で、手取りが減っているんですよね。

 

 

「休憩を増やしたから、その分超過時間を減らしてね♪」ってことで、超過時間を減らして申告しなければならんわけです。

 

そうなると、基本給が低く設定されているわが社は、超過時間が減ると手取りが減る、高校生の初任給レベルまで減るわけです。

 

これはつらいんですよ正直。

 

と、いうことで、「自分自身で稼ぐ」ということに興味をもっているわけです。

時間を売ってお金を稼ぐ以外にね。

 

それで色々と調べていたときに、フリーランスとはなんぞやとか、なぜそれを目指して頑張ることが多いのか、だんだんとわかってきたので、備忘録的なものとして書き連ねようと思ったわけです。

 

https://tse3.mm.bing.net/th?id=OIP.H_xIjeepuFOMA8cCusE_tAEsDU&w=296&h=201&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

モンハンに例えます。(知らない人向けに言うと、恐竜や龍などのモンスターが跋扈する世界で、大きな剣や槍を振り回す狩人となり、モンスターの毛皮や角などを狩りとって、生計を立てる世界のゲームです←)

 

 

1 会社=ギルドである。

2 ギルドでの仕事と個人の違い

3 なぜフリーランスは向いてる人向いてない人がいるのか

4 時間的出会ったり、金銭的に会社より儲かるというのはなぜか

 

 

1 会社=ギルドという解釈について

 はい、自分は会社はギルドだと思っています。

 ギルドってのは組織、なにかしらの集団です。

 「リオレウス、リオレイア討伐員募集中」

 「ひたすらモス(豚)を狩りまくりませんか、団員募集中」

 「キノコを掘り返しまくる、単純な作業しませんか」

みたいな感じですね。モンハンで言うと。

   

 集会場で張り出された募集チラシをみて、

 「君はこのミッションにふさわしいの?」

みたいに面接されて、通れば「ようこそわが隊へ」みたいな感じでしょう。

  

 そこから

 「この隊はこの時間から働くからね。」

 「君の手取りは○○ゼニーだ」

 「この仕事からやってもらうからね」

と教えられていきます。
 「君の時間を買います。それはこういった条件で、この内容の仕事をしてもらう。」

的な意味ですね。

 その隊がリオレウスなどの龍狩りをするなら、最初は大タル爆弾や砥石の運搬係でしょうか?リアルに例えると←

 

2 ギルドの仕事と個人の違い

 先ほど話したギルドは、やる目的が決まっています。

 とある目標へ向けて、一丸となって頑張りましょう。プレイ時間によってお金を支払っているのだから頑張ってね。

というやつです。

  

 わが隊は邪悪な龍を倒すために頑張っています。隊発足以来、リオレウスを200頭討伐してきました。

  

https://tse3.mm.bing.net/th?id=OIP.ILuLhHA5U2bMpI7V8DGLJwEsDh&w=285&h=201&c=7&qlt=90&o=4&pid=1.7

(これがリオレウスですね)

 

という広報で、集まってきたハンターみんなで狩りをするってやつですね。

 となると

  • 刃が通る武器に強化しよう
  • 攻撃を受けても耐えれる体制にしよう
  • どうやったら罠に引っかかるだろう
とかを一丸で考えて、能力を高めていくわけですね。リオレウスを狩りやすいように能力を高めていく。
 その仕事の業務を行っていくうえで覚えていくことですね。
 
 でも、その目的を達成するために覚えたスキルなんで、すべての分野で幅広くというわけじゃないんですよね。
 
 そこから「ひたすらキノコを回収しましょう」という仕事に転職したら、
  対モンスター
で鍛えたスキルはあまり必要じゃないんですね。
 
 どっちかというと
  • キノコを早く回収できるスキル
  • キノコの生えている場所を探し当てるスキル
  • キノコを大量に持ち運べるスキル
などが必要になってくる。
 
 とある仕事につき、その専門性を何年も身に着け、いざ違う業種にいくとキャリアアップがまたレベル1からです。
 
 戦士40レベから聖騎士1レベみたいなものです。
 
 その点個人はどうか
 個人は誰からも指示を受けません。雇われていません。
 フィールドにフリー散策で行くようなものです。
 
 ベースキャンプから一人でスタートして、
  • キノコを狩ろうが
  • ランポス狩ろうが
  • はちみつを集めようが
  • リオレウスを討伐しようが
  • 釣りしようが
なんでもオールオッケーなわけです。フリーダム。
 
 誰も指示してくれないから、自分でやることを決めなければならないのです。
 そう、すべて自分で決めなければならない。
 
 時間がめっちゃ有り余るわけですね。ひたすらベースキャンプで睡眠していていいわけですし。
 人から指示を受けない、これはスーパーフリーダム、これが個人でのソロ狩りです。
 
 
3 なぜフリーランスは向いてる人向いてない人がいるのか
 ソロ狩りに出かけます、時間はたっぷりあります。何をしてもいいです。
と言われたときに、
 お金になることを自分で見つけ続けるかどうか、情報発信をし続けるかどうか
で決まってくると思います個人的に。
 
 フィールドでポツンと放り出されたときに
  • 今日は破裂アロワナをひたすら釣ってほかのハンターに売ろう
  • リオレウスを討伐して素材を売ろう
などと、自分で決めるわけですねやることを。
 
 そして
  ・よく釣れる破裂アロワナの釣り方
  ・効果的なリオレウスの弱点
など、自分で得た経験を売るわけですね。
 村でセミナーを開いたり、情報を販売したりして。
 
 同じ内容ばかり言っていても、もう聞いたと飽きられるし、新しいこと自分から挑戦して、情報を得ていくのが主な収入源です。
 新しいことにどんどん首を突っ込んでいく。それが楽しいと思えるかどうかですね別れ道は。
 
 俺は
 ・リオレウスを狩れるし
 ・キノコを早く回収できるし
 ・モンスターの逃げる場所も把握できてるし
と、ハンターとしての成長に興味を持ち続けれるかというところでしょう実際のところ。
 だからそれを楽しいと思える人が、フリーランサーなどになったりすると思うのです。
 
 
4 時間的出会ったり、金銭的に会社より儲かるというのはなぜか
 
 もうここまで読んだらわかるかと思いますが、
 何をしてもいい
ということだから、時間は自由なんですよね。
 
 何にどれくらい時間をかけるかも自分で決められる。
 自分が得た経験に対してどれくらいの値をつけて販売するか
 
をすべて自分で決められるわけですからね。自分自身が多様な経験をするのが苦ではなく、そういった努力をし続けられる人にとっては魅力的でしょうね。
 
 
 
まとめ
フィールドにポンと放り出されたときに、

 

  • 自分で何をするか
  • 何の経験を得ようとするか
  • どう発信するか
が苦ではない人が向いてるのではないでしょうか。
 
 
まだまだ書きたいことは山積みですが、とりあえずまとめました。
何かの参考になれば幸いです
 
今日も幸あれ