ザックLeeeeak

あなたの暮らしをちょっと良くするブログ

みんな知らない!?格安航空LCCについて

こんばんは、ざっくりです。

みなさんは、『LCC』ご存じですか?

 

 

LCCとは

LCC. ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社を指す。 

つまり、『格安で乗れる飛行機のこと』です。

「飛行機といえば、ANAかJALで、数万と高い金額がかかるんでしょう?」と思っている人。

今日はその違いについて書いていきます。

 

 

1、値段がとにかく安い

LCCの最大の特徴は何かと言われれば、『安さ』につきます。

大手のANAやJALなどが、大阪から福岡まで片道1万5千円で販売していたとすると、LCCは5千円で行けるイメージです。 

空港使用料だったり、手荷物だったりでちょこちょこ料金は追加されたりするかも知れませんが、大体安いところで1万円以上差が出ます。

 

例えば大阪から福岡まで行こうと思った場合。

f:id:zattkuri:20180121214836p:image

 

乗る時間に差はありこそすれ、

f:id:zattkuri:20180121214852p:image

ANAと1万円近く差があります。

安いと思いませんか?

これがLCCの魅力です。

 

2、LCCを運営している会社は?

このLCCを運営している会社は

・peach

・ジェットスター

が有名です。

成田や羽田、関空や福岡空港など、主要な空港にはあると思って大丈夫です。

主にこの2社が代表格ですので、LCCといえば、この2つで間違いありません。

 

3、安さの理由は、コストカット

安さの秘密は、『安く目的地まで運ぶ』を最重要視しているため、それ以外は徹底的にコストカットしていることです。

・搭乗口まで自分で歩いて乗る。

・ターミナルの付近に大した飲食店や喫茶店がない。

・乗り場まで遠く、結構歩く

・席は狭い

・機内販売はすべて有料

・機内食なし

などなど。

 

f:id:zattkuri:20180121215915j:image

(極端な話、こういうことです。)

 

『安く乗れる』ため、入れたり尽くせりのサービスはない形ですね。

「とにかく安く目的地まで行く」が最重要視であれば、オススメです。

入れたり尽くせりのサービスを期待しては、多分肩透かしを喰らいますのでご注意を。

 

まとめ

安くてお得なLCC、いかがだったでしょうか?

安く目的地に行くという目的があれば最適です。

最高でも往復の交通費が2万円ぐらい浮きます。

 2万は大きいですよね。お土産やら現地での買い物やら、好きなことにお金を使うことができます。

先日台湾に旅行に行きましたが、往復21640円で済みました。

それぐらい安かったら、海外旅行も行きやすいですよね。

旅行をお考え中の皆様、LCC、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

ではでは!