ザックLeeeeak

あなたの暮らしをちょっと良くするブログ

【経験】を捨てるなかれ。たまにはお金を使った方がいい理由。

初めましての方は初めまして!

こんばんは、ざっくりです。

 

思考の断片とか、記事に載せない独り言をTwitterで呟くんですけど、コスパについて思考が偏りすぎている人が増えてないかなと思っています。

 

ちょっと心配してます勝手に(´・ω・`)

 

レストランでワイン飲むとボトルでも小売価格の2.5倍するし、セレクト機能以外は料理と一緒に飲める以外付加価値が乗らないので高い酒は自宅で飲みたいです。
外で一万円オーバーの酒も家なら3800円くらいだよ。家で飲もう。

 

とある人のツイート引用ですけど、別に高いから家で飲みたいとか、そういうことは否定しません。

 

お金がない時は節約したい時もありますし、多くお金を払いたくない状況や考えもあると思います。

 

 

でも、怖いんですよ。

子供1人育てるのに3000万円、貧乏人がおいそれと手を出していい趣味じゃない

っていう別の人のツイートも、見たことある人がいるかもしれないですけど、すべてコスパや効率性ばかり求めすぎてませんか?

 

節約とか、コスパばかり気にして【経験】を捨ててませんかと思うのです。

 

 

経験を捨てる

僕の知り合いに、女性とも付き合ったことなく、遊びらしい遊びもせず、朝から晩まで働いて、労働以外をしてない人がいます。

 

仕事が好きかと言えば、そうではありません。

『仕方ないという気持ちで働いている』と聞きます。

 

諦めです。

 

彼は言います。

『やっと1000万溜まったから安心』と言います。

 

でも、使い道はありません。

お金の不安に付きまとわれているのか、とにかく貯めることだけしています。

 

彼なりの生き方かも知れません。

 

けれど彼はもう26なのです。

遊びらしい遊びもせず、僕から見たら仕事と家の往復で、貯めたお金の使い道もなく、26歳になりました。

 

人の人生です。

 

けれど、20歳や23歳など、その時にしか味わえない経験ってあると思うんです。

 

・どこどこへ旅行した

・誰々と付き合った

・〇〇という体験をした

 

その年でしか味わえないこともあり、年齢を重ねるごとに、難易度は難しくなっていくと思っています。

 

ちょっと背伸びして高級レストランへ行く。

大人気なホテルに予約して泊まってみる。

好きな車を買って思いっきりドライブしてみる。

 

その時その時で、体験できることあるんじゃないかと。

コストや節約も大事ですが、そこまで極端だと、何を糧に生きているのか分からなくなります。

 

 

あっという間に死ぬ

人間あっという間に死んでいくと思っています。

昨日まで元気な先輩が事故に遭うとかあります。

 

もう自分は28歳ですが、20歳を超えてから本当に時間の流れがあっという間です。

極論いえば、いつ死ぬかわかりません。

 

死ぬ時に、『もっとお金を稼ぎたかった!』と思って後悔するでしょうか?

 

多分、

『あそこ行っておけばよかったなぁ』

『子供をもうけていればよかった』

『もっと会えばよかったなぁ』

とかじゃないでしょうか?

 

確かにお金は大事ですし、コスパも大事ですけど、そういう経験を我慢してまで貯めるお金って何でしょうか?

 

 

刹那的に生きろとは言わないけど、余剰があったら少し背伸びしてもいいんじゃないか

貯金の額や稼ぐ額が多いのは、確かに感心します。

 

けれど、使い道がなく貯めるだけの貯金になんの価値があるのでしょうか?

 

その資産額があなたの価値なんでしょうか?

 

適度に楽しみとして『消費』してもいいと僕は思います。

エリートの方々が嫌う『消費』です。

 

僕は使い道のないお金は【死に金】だと思っています。

 

将来のため、なにか欲しいものがあるため、目的があるならいいと思います。

 

でも、お金は今後いくらでも稼げても、寿命は帰ってきません。

また、寿命もいつまであるか教えてくれません。

 

コスパとか、『消費は悪』という思考に染まりすぎていませんか?

 

気の合う人と行くレストラン。一人旅での旅行。欲しかった商品。お金という資産はなくなっても、あなた自身に積み上げた思い出や経験は消えません。

 

お金は使うものです。

少しだけ、自分のために、または人のために使ってみませんか?

 

適度に楽しむために生きてください。

『貧乏人には』とか、『浪費が』と思わず、適度に楽しんで生きるのがいいんじゃないかと僕は思います。

 

ではでは!ざっくりでした。