ザックLeeeeak

あなたの暮らしをちょっと良くするブログ

iPhoneの電池を長持ちさせる方法

f:id:zattkuri:20180305203151j:image

初めましての方は初めまして!

こんにちは、ざっくりです。

 

iPhoneの電池がすぐ無くなるという話をよく聞きますが、それはいらない機能をつけっぱなしにしていたり、無駄な機能を有効にしてしまっていていることがほとんどです。

 

 

今回はiPhoneの電池を長持ちさせる方法について書いていきます。

 

節電モードを使う

iPhoneには、節電モードが搭載されています。機能アイコン内にバッテリーという欄があるので、そちらから設定できます。

f:id:zattkuri:20180305161905p:image

 

使っていないWiFi、Bluetoothはオフに

もしWiFiやBluetoothを使っていなければ、オフにしちゃいましょう。オンにし続けていると、iPhoneさんはずっと電波を探してしまいます。

f:id:zattkuri:20180305164048p:image 

(青色が起動中、白色がオフです)

 

位置情報サービスを使用中のみにする

位置情報を使うアプリ(地図やSNSなど)は、【常に許可】に設定していると、常時位置情報を得ようとするため、バッテリーを消費します。

位置情報を使うアプリは、【使用中のみ】または【許可しない】に設定しましょう。

【設定】→【プライバシー】→【位置情報サービス】で設定できます。

f:id:zattkuri:20180305201539p:image

 

バックグラウンド更新をオフに

アプリのバックグラウンド更新を許可していると、自分の知らない間に電池と通信料を消費してしまいます。

【一般】→【appのバックグラウンド更新】から、すべてオフに設定しましょう。

f:id:zattkuri:20180305201854p:image

 

画面の明るさを暗くして、自動ロックを設定

画面を暗くすると、その分節電になります。また、自動ロックを1分など短めに設定しておくと、余計な電力消費を抑えることができます。

画面表示と明るさから設定しましょう。

f:id:zattkuri:20180305202153p:image

 

自動ダウンロードをオフに

音楽やアプリの自動ダウンロードをオフにするだけで、通信量と電力の節約になります。

【iTunes storeとApple store】から設定できます。

f:id:zattkuri:20180305202644p:image

 

 

まとめ

これにより、1日中でもバッテリーが持ちます!

ぜひ試してみてください!

 

ではでは!ざっくりでした。