とある28歳の体験談と趣味嗜好

主にグルメと映画と趣味についてのブログ.

クレジットカードを使うとお金を使ったような気がしない

こんにちは、ざっくりです。

 

クレジットカードを使うようになってもう10年ぐらい経つんですけど、「お金を使う感覚が希薄」になりますよね?

 

ジャラジャラと小銭を払って切符を買うと、「ああ、370円使ったな」と実感が湧くじゃないですか。

 

それも通勤で毎日小銭をジャラジャラ払うと、「やべぇもう10回払ったから3700円やな。うまい定食3回分やな」とか考えて、定期券にしようとか回数券にしようとか考えるじゃないですか?

 

クレジットカードとかSuicaやICOCAはそんな感覚が薄れますよね。

 

なんだか打出の小槌みたいに金が自分の懐以外にある感覚でどんどん払っちゃう。

 

駅のICなんか「え!この前5000円チャージしたのに!?」みたいな感覚になりますよ。

 

それで急遽チャージして「こんなに使ったっけな?」と思ったり。

クレジットカードと連携してるとそういう機会もない訳で、データとして管理できるけど、実感もわかないよね。

 

買い物なんか特にそうだよね。

Amazonとか楽天で、5万の品も一瞬「うーん」と唸るけど、ポンっと買って満足。

 

あとの請求の時に「こんなに使ったっけ!?」と後の祭りなんですけど。

 

クレジットカードを使うことによって「お金を使ったという感覚」から全く離れてしまうのが問題ですね笑

 

「お金を使ってない、そんなに使ってない」と、使った意識から離れてしまうもの。気をつけないとね。

 

便利な世の中だけども、適度に現金を使うことで、節制になるのではないかと思った今日この頃。