ざっくり書くブログ

自分が自分に書く、自分のための雑記

忙しくしている本当の理由

f:id:zattkuri:20210104132707j:plain

こんにちは、ざっくりです。

 

インターネットが発達して、昔よりも楽なことが増えて、便利になって、機械が肩代わりしてくれていることが多くなった世界。

 

でもなんでみんな「忙しい」「忙しい」っていうんだろうね。

なぜ「忙しく」してしまうんだろうね。

 

ずーっと前より生活は楽になって、大正時代や昭和時代より明らかに生活がよくなって、車もどんどん性能が上がって、みんなが知りたい情報もスマートフォンで簡単に調べられる。

 

昔の時代に比べて、明らかに楽になった。昔の人が誰もがうらやむような生活をしている。

けれど、昔の人以上に忙しく働いている人が大多数だ。ブラック企業と言われて久しいが、忙しく忙しく、自分の時間をほとんど持てずに、こんなに便利な時代になったのにみんな忙しく働いている。

 

その理由の一つに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不安だから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って価値観が隠れていると思う。

 

 

不安だから、嫌な仕事を断れない

人に任せるのが不安だから、一人で大量の仕事を抱え込む

将来が不安だから、とにかくいい大学や会社に入らないと人生終わる

生きるのが不安だから、アレコレたくさんしなければならない

失敗したら終わりだから、常に成功しているアピールをしなければならない

見下されたら不安だから、常にキラキラした情報発信をする

周りの人にどう思われるか不安だから、顔色を窺い合わせるしかない

 

 

 

 

 

 

不安だから・・・

 

 

 

 

 

忙しくして自分の時間を減らしていたほうが安心なんだろうね

忙しくして人から認められていたほうが安心だもんね

やらなくていいのに、抱え込んでいたほうが安心だもんね

任せるのが不安だから、自分がやったほうが早いんだよね

そういうもんだから・・・って考えないほうが楽だもんね

 

 

 

不安だから・・・

 

 

 

 

 

いつからそう思っちゃったんだろうね。

 

お客さんに

上司に

部下に

同僚に

人に

友達に

恋人に

 

 

 

どう思われるのが不安だから、そんなに忙しくしているんだろうね。

どうしてそういう風な生き方を始めちゃったんだろうね。

 

周りからどういう風に思われるのが不安で、忙しくしているんだろう?

いったい何から逃げているんだろう?

 

なぜ仕事が無くなったり、無職になったり、休みの日になったとしても、常に焦燥感に追われるんだろうか?

 

あなたは何が不安なんだろうね。