ざっくり書くブログ

自分が自分に書く、自分のための雑記

マインドフルネスとか「今にある」とか、ホンマにお前分かってやってるのか問題

最近マインドフルネスとか「今にある」って言葉が流行ってるような気がします。

そんな気がします、アフロ田中でもやってました。

どうもGoogleやらシリコンバレーでも採用されてる!凄い!新しい手法だ!みたいな感じで流行ってるようなんですが、ホンマにわかってるんかいな問題があります。

それお前「チーズケーキ健康法」とか、「イクラ食べまくりダイエット」とか、「カビゴンに学ぶグーダラマインドフルネス」とか、そんなものと一緒になって飛びついているだけちゃうか?と思うわけです(適当に考えました)

本来マインドフルネスとか、今にあるとか、特別なものじゃなくて誰しも出来るしやっている事なんです。

けどそれを忘れてエゴまみれになってたりとか、つい過去の記憶から狭い未来予測をして、「ないない」言ってるだけなんですよね、ほとんどの人は。

だからコレ別に特別なことでもありがたがることでも何でもなくて、誰しもがやってるけど忘れてるだけなんですよ。

極端な例をあげると、温泉に浸かった時に「あ〜〜」って言うのもマインドフルネスです。

「い〜い湯だ〜な、アハハん🎶」って言ってるのもそうです。

友達と美味いもの食べて「うめーなこれ!」ってワンピースばりに笑いあってるのもそうです。

何かいい事があって「よかった🤗ルンルン🎶」ってなってるのもそうです。

そういうのが全部マインドフルネスと「今」なわけです。わかりますか?めちゃくちゃ特別なものでもなんでもないんですよ。ただ一瞬で戻っちゃってるだけで。

じゃあなぜそういう本を有難がったり、スゲーと思うのかというと、「自分にはない」と思っているからですよね?

過去のあんなことやこんなことを思い出して、「ヤバいぞ!危ないぞ!将来がー!」とアラートを出してる自分が、転ばぬ先の杖(幻想ですけど)として、ナントカの成功法とかシリコンバレーの最強ナンタラとか、○○が言う○○の法則みたいなものを毎回探すわけです。

マインドフルネスに限らず、常に自分を追い立てて、足りないぞとアラームが頭の中に鳴り響いて、将来の幸せのために〜ってしてるから、毎回ビジネス書コーナーや自己啓発本コーナーで新書を探し求めてるわけですよね?

その「ない」って言ってる奴がウソなんですよ。そいつの言うことがデタラメなんですよ。

ほんまのマインドフルネスとか禅の思想って、その嘘の声に気づくだけです。ワーワー頭の中で言ってるそいつがおかしいわけです。

そいつは過去の失敗やら不足やら持ち出して、「今こうしないとこうなっちゃうぞ?」みたいな恐ろしい展開図を出して、しきりに【今のままの自分ではいけない!もっと素晴らしい自分になろう!】と将来の素晴らしい自分像のために常にケツを叩いてくる存在なわけです。

それが嘘なわけです。足りないぞ〜ダメだぞ〜恐ろしい未来(妄想)が来るぞ〜と脅してくる存在が分かれば、そういう外部に求める必要が無くなるぞってのが、俗に言うマインドフルネス

なわけです。

それに気づき続ける、なっても戻すってやってたら、エリアが自動的に変わりますから。

そのエゴが持ってるエリアは視野が狭くて、ほんの一部分を根拠に「こうなるぞ〜」って脅してくるのが分かれば、あとの9割以上占める【今】が勝つのが分かりますから。

1割の狭い色眼鏡で世界を見るのか、9割以上の広い視野で世界を見るのかの違いだけで、単にフィルムを剥がしたら、そんな大それたメソッドなどいらないわけです。

単に気づくだけでいいので、信者をやめて教祖になりましょやって話でした。