ざっくり書くブログ

自分が自分に書く、自分のための雑記

「幸せ」は実は2種類ある。本当の幸せと一般的に幸せと言われるものの見分け方の話

幸せという言葉があります。

あれが出来たら幸せ、これが出来たら幸せと一般的に使われますが、真の意味での幸せと、一般的に幸せと言われる偽のものと2種類あります。

本来の意味での「幸せ」は、【退屈】なんです笑

へ?これが幸せ?え?あれが幸せ?って実感が感じにくい、それこそが幸せなのです。

全てあり、余裕があり、満たされている。傍から見ても平和で、満たされていて、余裕がある。でも、本人はそんなことを微塵も思ってない。

実は、幸せとは退屈なのです。幸せ=退屈なのです。なんの変化もない、代わり映えのない日常、それが実は幸せなのです。

本来幸せなんですけど、その状況にいても安心感や満足感を感じないのが一般的です。あれが足りない、これが足りない、もっと良くなればと思っています。

本当は幸せの絶頂なのに、わざわざ落差を求める。人間は幸せを実感するより、下から上に登る話、下克上のような這い上がる体験が好きなようです。

だから、自らしんどい立場に行き、それを克服する、ゲットするという体験をしたがります。あんな苦労を乗り越えてゲットした!と言いたいから、あえて自ら苦痛に飛び込んでいきます。それでまたゲットした後「退屈だな〜足りないな〜」と飛び込んでいきます。

人間は1度失ったという立ち位置に行き、その穴埋めができた時に幸せと感じるように出来ているのです。マイナスを感じてから、プラスをゲットして上昇したと思いたい生き物なのです笑

マゾですよね笑

一般的に言う「幸せ」は【刺激】なのです。実は【刺激】なんです。人はそのままが幸せと思えず、敢えて落差を楽しみゲットした達成感を欲しがるのです笑

今幸せならずっと幸せと言いますよね?どんな状況だろうと幸せだと。

今のあなたの立ち位置が、実は幸せなのです。え?これが?って言うことが、実は幸せなのです。やりたくてやってるのです。

そこから「あれが足りない」「これが足りない」と思い始め、わざわざ下から始めるのが、一般的に言う幸せなのですが、実はこれ【刺激】なんです笑

幸せになりたいと言うくせに、実は幸せより【刺激】が欲しいんですよね。ほとんどそうです。その落差のコントラストが欲しいんです。

それに気づけたら、一瞬で幸せになれますよね。自分は本当は幸せが欲しいのか、刺激が欲しいのか、すぐ分かります。

刺激が欲しいなら、どんどん飛び込んだらいいです。けど、幸せは常にあるものです。

2種類の意味、何が違うか内面を見て見てください。答えは外にないのです。中にしか無いです。

本当はあるのに、段々と何か足りないと思い始めてそれに従ってしまう、その気持ちに気づいてください。