ざっくり書くブログ

自分が自分に書く、自分のための雑記

バイオ8クリアしました

クリアしたのは正直に言うと3日前なんですが、とりあえず1周目クリアしました。

ゲームを振り返ると、

・ストーリーは「バイオ」

・ゲーム性は「バイオショック」

・敵デザインは「デビルメイクライ」

な気がしました。

 

1人称視点で敵にショットガンをぶっぱなしていると何故か既視感があり、「あーこれバイオショックだわ」と思い返してきました。機械人間的な敵キャラに撃ち込んでると顕著に思います。

異形の敵に暗い場所で1人称視点で銃をぶち込む感じが。

 

バイオ7は閉所、暗い、ジメジメ、キチガイ、グロのオンパレードで、プレイヤーからの怖すぎるという評価を受けて『8は怖くないよ〜』と公式でもアピールしていましたが、確かに7より恐怖感は薄れていると思いました。幻想的などこかのヨーロッパが舞台だったり、開けた場所が多かったり、明るかったりするので、存外大丈夫でした。

これが真っ暗ばかりだったら、ちょっとキツかったかもですね。

 

7に4のようなアクション感をプラスしたような、ホラーとアクションの両立が成り立っているというか。怖すぎず、爽快すぎずのバランスが絶妙に成り立っており、楽しくプレイ出来ました。

 

美人三姉妹、虫なのが残念…とか、あの赤ちゃん怖ぇよとか、イーサンのち〇ぽはカビだったの?とか、武器商人のデュークはどうやって移動してるの?とか、ローズが生まれたのはミアに扮するミランダとヤッたから?とか色々思いましたが、8はとりあえず神ゲーです。

 

今はマーセナリーズやら2周目に挑戦中。長く楽しめそうです。